2020年04月21日

ー★7年目に突入 & 今の心境@★ー

お陰さまで6周年を迎え
7年目に入れる事
皆さまに心より感謝申し上げます!


今、こういうご時世で
時間は有るので

お金(固定費とか)の棚卸し
自分たちの気持ちの棚卸し
人生の棚卸し
を、今月はある意味注力して来ました。


振り返ってみると・・・
激動の平成の30年間の大半を
東京で仕事していました。

社会人成り立てに「バブル崩壊」
仕事に脂が乗って来た30代・40代に
「リーマンショック」
間もなくして「東日本大震災」

ご多分に漏れず
我々も「業務縮小」「会社廃業」
「リストラ」「経営統合」の煽りを受けたり
自分たちのスキルアップの為だったりで
お互いの転職歴は
片手では収まらない程でした(笑)

けれども、そんな一見
過酷?苦境?な時代でも
常に自分たち自身に正直に
判断・選択して来たので
本人達は、苦しいどころか
かなり楽しく充実してました。

逆に、今の時代に
同じコトが出来るか?と言ったら
もう(時代背景的に)出来ないに
等しいかもしれません。



例えば
実家カフェに置き換えて考えてみても

昨年は、非常にゲストハウスが忙しく
家に居ながら、まるで世界旅行状態で
お腹の底から笑ってしまう事が有ったり
急遽、フランス人ゲストさんに浴衣を着付け
一緒に松本ぼんぼんを踊ったり。。。

今年のはじめには、いきなり
自分たちも参加、そしてハマった(笑)
コントイベントに、お客さまも満員御礼の大盛り上がり。


それが今は・・・ 
ことごとく出来ない事ばかりです。


また、そのような事が出来る日が待ち遠しい気持ちと同時に

良い時代に、良いタイミングで
本当に楽しませて貰った!
貴重な経験をさせて貰った!
という感謝の気持ちもいっぱいです。


で?! 何が言いたいかと言うと

過去、激動の30年間も
悪く言えば、時代に翻弄され
良く言えば、時代の波に乗り
その時々しか出来ない事をして
その時々を楽しんで来たように

今回のちょっとパンチの効いた
時代の波にも

出来るだけ軽やかに乗って
こういう時だからこそ
出来るコト、出来る変化を
常に自分たち自身に正直に
判断・選択して行きたい!と思う
(プチ続報は、また後日) 


記念すべき 
7年目のスタートです。
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。


実家カフェ 店主・女将


happybirthday.jpg

----------------------------

4月の予定はこちら。

http://inakahatake.seesaa.net/archives/20200401-1.html

実家カフェのホームページはこちら
posted by tacoe at 07:00| 長野 ☔| Comment(0) | 実家日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

Copyright©Jikka cafe All Rights Reserved.